1. ホーム
  2. 時計
  3. 腕時計(デジタル)
  4. カシオ CASIO G-SHOCK GMW-B5000TCF-2JR
カシオ CASIO G-SHOCK GMW-B5000TCF-2JR
商品の説明

カシオ CASIO G-SHOCK ジーショック
GMW-B5000TCF-2JR
[GMW-B5000チタンレーザーカモ]
フルチタンの限定モデルです!

販売日当日に新品で17万円で購入し着用は10回ほどです!
普段は腕時計ケースに入れ丁寧に保存していました!
腕時計右上フチとバックル部に傷があります!写真でご確認ください!
ガラスは問題なくとても綺麗です。
腕時計店にてコマ調整してあります!

過去にも高額Gショック販売歴もあり
ご安心して取引していただけると思います!

外箱、内箱、付属品、タグ、ビニール、コマ、説明書
購入時についていたものは全てあります!

初代G-SHOCK、DW-5000Cの遺伝子を受け継ぐフルメタルスクエアモデルのGMW-B5000から、カモフラージュ柄のNewカラーモデルが登場。

今回は、GMW-B5000TBをベースにケース・ベゼル・バンド・バックすべてにチタン素材を採用し、ブルーIPとレーザー彫刻を活用した特殊な仕上げにより、メタル素材でありながら独特のブルーカモフラージュ柄を表現。
ケース・バンドにIP処理を施した後、「大・中・小」3つのドットパターンの違いによって色調の濃淡を生み出し、カモフラージュ柄を実現させました。
先進の加工技術により新たな進化を果たしたNew GMW-B5000の登場です。
ファインレジン緩衝体を挟むことでフルメタルケースでも耐えうる耐衝撃構造
耐摩耗性に優れるDLC処理を施した重厚感あるスクリューバック、内面無反射コーティングサファイアガラス
フィルムソーラーセルや、斜めの角度からでも時刻表示が判読しやすいSTN-LCD(液晶)によるクリアな視認性
スマートフォンリンク(約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、簡単時計設定、リマインダー、タイム&プレイス、携帯電話探索、バッテリーインジケーター表示(7段階で表示))
世界6局(日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ)の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6
タフソーラーワールドタイム5本
高輝度なフルオートLEDライト(スーパーイルミネーター










商品の情報

カテゴリー:
メンズ++>時計++>腕時計(デジタル)
商品のサイズ:
ブランド:
ジーショック
商品の状態:
未使用に近い
配送料の負担:
送料込み(出品者負担)
配送の方法:
らくらくメルカリ便
匿名配送
発送元の地域:
長野県
発送までの日数:
1~2日で発送

カシオ CASIO G-SHOCK GMW-B5000TCF-2JR

カシオ CASIO G-SHOCK GMW-B5000TCF-2JR

ご無沙汰してます。

 

ちょっとした理由でブログを

引っ越し?というか変更しました。

 

今後は、こちらを凍結し

⭐りーちゃん様専用⭐シャネル キャビアスキン チョコバー ハンドバッグの方でブログを続けます。

 

新しいブログはこちらです▼

■リカちゃんキャッスル【リナ】 バストアップSAJボディ ジェニー フレンド

内容的には、なんら変化ありません。

 

お気に入り登録をしていただいている方、

またおつきあいいただけるならば

再度、登録していただけると

大変ありがたいですm(__)m♡

 

お手数をおかけして

申し訳ございませんm(__)m!

 

今後とも宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


実は5/4-5/5キャンプの予定

だったのだけど、中止に。

 

5/4強風の中、キャンプ場に到着。

防風林まばらな九十九里の浜辺。

 

テント設営試みるもあえなく断念。

風速10m。

 

こーんな感じ。

 

周囲にはフレームが折れて撤収する

キャンパーさんたちもチラホラ。

 

我が家の場合、

無風でもスムーズにできないのだから

風ふいてちゃ、そりゃ難しい。

 

風が止むまで海までお散歩♪

快晴なのになぁ…。

 

おやつに🍙。

青空の下ではなんでも爽快。

 

息子、「みんなで力をあわせて

がんばろうよ!カケも手伝うから!」

 

砂埃で涙目になりながら、そんな風に

熱く私たちを励ましてくれた。

 

前日から荷物積んで、食材も準備して

ここまで来たけど帰るなんて。

こんなの初めて😢

 

でも大切なテントが壊れるよりは。

未熟者には撤収する勇気も大事。

 

"自然の中にお邪魔する"のだ。

こういう事態も致し方ない。

 

・・・ということで、帰宅した夜。

家族みんな疲れて元気なし。

 

息子、風呂あがりにこんな作品を。

 

みんなでBBQ。

パパがもっているヒマワリは

ママへサCo2 アドバンスシステム フォレストの贈り物らしい。

自分はテントで待機しているという。

 

ラブロマンス的な要素も

まぜこんできたか。

むむ、やりおるな。

 

現実にはこんなシーン、

ありえないけども💀

 

目の前にあるものを

スケッチするのでなく

夢や、実現してほしいことを

絵にするのってスゴイなぁ、って思う。

 

沈んでいたきもちが一気に

ふっとんだ。

次回は今回の分まで楽しもうね。

 

ありがとう、息子よ。

 

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。